世の中には、結婚している人もいれば、結婚していない人もいるのは当然のこと。
 それは、友人関係においても例外はなく、 「久々に集まろう!」 なんて盛り上がって会ってみたら、既婚者と独身で全然話が噛み合わない …… なんてことありますよね。

 立場が違えば考えることや思うことは違ってきてしまうものですが、結婚した今だからこそ思う 「独身の友人が話すアレコレ」 について、主婦100人に聞いてみました!
独身の友人の中に、厳しい助言をしたくなる人っていますか?
 Yes 77%
 No  23%

 なるほど。 8割近い人が腹の中で 「ちょっと、それどうなの?」 と思っているということですね。
 「NO」 と回答した心優しき? 方たちの声には、 「みんなしっかりしている人たちなので、私がアドバイスもらうことの方が多い」 という意見や、 「周囲がおかしいと思っていても、本人がそれを選択している以上は言ってもムダだと思う」 というようなクールなご意見がありました。

 では、「YES」 と答えた方たちは、どのような友人に、ひとこと言いたくなったのでしょうか?
1:実家に寄生系独身
40歳近くにもなって自活せず、実家に寄生している
実家が経営している居酒屋の経理をちょっと手伝うだけでお給料をもらってて、世間の荒波を知らない
実家暮らしで、自分の給料はすべて趣味と飲食につぎ込む
 実家暮らしで親に頼りっきりのパラサイト友人には、 「親はいつまでもいるもんじゃない!」 と言いたい!
2:成長を忘れたネガティブ系
時間にルーズで、お酒を飲むと会社を休み、約束をしても毎回遅刻する
行動をいっさい起こさず、 『わたしって運がない』 と勝手に悲劇のヒロインになる
とにかくネガティブで、一緒にいると疲れるほど逃げ腰。 『仕事を辞めたい!』 と愚痴ばかり言っているが、転職してキャリアアップする前向きさもない
『結婚したい!』 と言うわりには、出会いを求めたりせず、いつも独身女ばかりで集まって愚痴会を開いているいる
 こんなネガティブ友人には 「負のスパイラル断ち切んなよ!」 「本気で結婚したいなら、自分から動くか、せめて自分磨きしなよ!」 と言いたい!
3:根拠のないビッグマウス
半年ごとに語る夢や仕事をコロコロ変えるアラサー
見栄ばかり張って、すぐに嘘と分かるような事ばかり言っている
 「いい年して夢ばったり見てんじゃないよ。 そろそろ現実を見なよ!」 「嘘だってみんな気づいてるんだよ!もっと肩の力抜いてリラックスしなよ!」 と言いたい!
4:服装のセンスや身なり
身なりには気を使うのに、言動や所作がとにかく汚く、家事も仕事もしない
10代のような若者ぶったファッションで、定職に就かずフラフラ遊んでいる
40代手前になっても、20代向けのリボンやフリルがたくさんついたファッションを好む友人
 年甲斐もなく若者ぶってる友人には、 「見た目以上に中身を磨け!」 「そろそろ落ちついたら?」 と言いたい!
5:白馬の王子様シンドローム
『誰でもいいから結婚したい!』 と言うわりには、出会った男性の些細な欠点を指摘して、 『がっかりした』 を連発する
30代後半にもなって、まだ少女のように白馬の王子様を待っている
ジャニーズ好きのイケメン好きで、 『高収入の人じゃなきゃ!』 と言うのが口グセ
出会ってもいない結婚相手に高い収入を求め、浪費グセをやめない
「誰もでもいい!」 と言うくせに全然誰でもよくない理想が高い友人には、 「自分には欠点がないのか!」 「高収入で頭がいい人はあなたを選ばないよ!」 と言いたい!
6:“だめんず” 好き
浮気性でお金にだらしのない、だめんずばかりを選ぶ
40歳近いのに、定職にもつかない男性と同棲している
彼氏の言いなりで、着る服もお金の使い道も彼の言いなりになっている
 だめんず・うぉ~か~友人には 「そいつとは将来ないって!」 「男を見る目を養って!」 と言いたい!
7:その他
 「仕事したくないから結婚したい」 という友人に、 「例え高収入のダンナをみつけても、いつまで働けるか分からないし、いつでも働く覚悟は必要だよ!」 と言いたい!
 結婚を諦めて甥っ子や姪っ子をネコ可愛がりし、 「甥っ子に手がかかるの。 子育てって大変!」 と言ういう友人に、 「あんんたの子じゃないし!」 と言いたい!
 「ダンナはいらない。 子どもだけほしい!」 という友人に、 「子育て甘くみるんじゃないよ!」 と言いたい!
 8割弱の人が 「周囲に助言したい友人がいる」 という結果でしたが、そのうち 「生活態度や考え方について」 が29人、残りの48人が 「結婚について」 でした。

 なかには、 「 『アドバイスして』 と言うので親身になって答えると、必ず逆ギレするのでもう助言したくない …」 という意見もあったりと、人に助言をするのは、よほどのことでないかぎりはしないほうが得策かもなと思いました。






  


 見た目はイマイチなあの人が、すっごい美人と付き合ってる! なんていうパターンは、 「美女と野獣カップル」 などと言い、思いのほか多くいるものですが、逆に 「あんなにいい子がなんでこんなヤツと … 」 と、他人のことながら心配になっちゃうカップルや夫婦も時々いますよね。
 借金、女グセ、モラハラなどと …… 悪く言うつもりはないけれど、 「こんな人となんで結婚したんだろう?」 と疑問を持つほどダメな友人の夫。 友人だからこそ見てみぬふりもできないし …… と思い悩む妻たち100人に 「友人のダメ夫」 について語ってもらいました。
1:ありえない!デリカシーゼロの夫
3人で会ったときに私のことを褒めちぎってきて、そのうえ奥さんがトイレに立った瞬間にデートに誘ってきた ……。 なんでこんな浮気者と結婚したんだろうと思った
友人の旦那は私の旦那の同僚なのですが、職場の仲間たちと飲んだときに、 『フィリピーナは肌がきれいで抱き心地がよい』 などと、自慢気に話していたそうです。 しかも、友人もその会社の元同僚なので、当然耳に入るわけで。 本当になんてデリカシーのないスケベ野郎だろうと思いました
小学1年生になる娘と一緒にお風呂に入ったときの話をしていた友人の夫が、 『めっちゃいいケツになってて、揉んだろかと思ったわ( 笑 )』 と言っていた ……。 犯罪だろが! あと、その人はPTAの打ち上げのときに酔っ払って他人の奥さんの胸を揉んで問題になっていた。 しょうもない
 読むだけで鳥肌が立つような、キモ~い夫たち! もし自分の夫が外でこんな行動をしていたら …… と思うと恐ろしくなりますよね。 いったい、家ではどういう態度なのでしょうか? 「知らないのは妻だけ」 ということにならないよう、周りがそっと教えてあげるべきなんでしょうか?
2:妻を見下す 「オレ様」 な夫
子育てにパートにと、一生懸命頑張っている友人にむかって 『お前は子どもの母親としてしか生きている価値がない』 とひどい言葉を放った友人の夫。 なぜ、こんな男と結婚したのだろうと本気で思いました
『だからお前はダメなんだ』 『出た~。 いつもそうだよね。 バカじゃない?』 などと、妻を侮辱する友人の夫。 家族になったからこそ、優しく愛のある言動が欲しいし、必要だと思いまた
お友達の旦那さんが 『こいつに結婚をせがまれたとき、 “俺は何も家事はしないけど、それでいいならいいよ” って言ったんだ』 と、上から目線すぎる発言を堂々としていたので驚きました。 そんなご主人をナゼかうっとり見ていたその妻である私の友人 ……。 絶対に長続きしないと思った
 好きで一緒になったんじゃないの? と首をかしげたくなるようなエピソードばかりでしたが、妻たちは、それでも幸せなのでしょうか? 「世の中には、もっとあなたを大切に思ってくれる男性がいるよ!」 と言ってあげたい気もしますが、妻だけにわかる彼の優しさがあるのかも? しれませんね ……
3:大きな子ども!頼りにならない夫
独身時代と変わらず優雅にお金を使いまくる旦那さんに対し、小さな子どもを抱えながら内職をしてお金を稼ぐ友人を見て、思わず 『なにもこんな男と結婚しなくてもよかったのに ……』 と思いました
『妻のほうが稼ぐから、俺は仕事を辞める』 と言って、本当に仕事を辞めた30代半ばの友人夫 ……。 小さい子どももいるのに、家事も何もせずヒモ状態でした。 こんな男のどこに魅力を感じたのか、謎です
友人と2人で少し遠いところにある映画館に行こうという話になり、彼女はご主人に送ってもらい我が家にやって来たのですが、さて出掛けようというときにご主人が 『ところで、俺の昼飯はどうすんの?』 と言い出し、結局昼までに帰ってこられないため、その映画館には行けなくなったことがあった。 一事が万事この調子。 信じられない
出産で入院している友人のお見舞いに行き、病室でおしゃべりしていると、仕事帰りのご主人が入ってきました。 そしてその第一声が 『ジュース買ってきてよ』 と、出産後数日しか経っていない友人に買い物を頼むという暴挙で心底驚きました。 前から超亭主関白とは聞いていましたが、あまりの心ない言葉に友人がかわいそうに思えました
 結婚したのに自覚がなく、頼りにならない夫たち ……。 自分の妻なのに、まるでお母さんか何かと勘違いしているような人たちばかりですよね。 でも、相手は友人の夫。 下手に口出しはできない …… だからこそ、早くその友人の目が覚めることを祈るしかなさそうです

 結婚して家族をもったとはとても思えない、びっくりするようなお子ちゃまな友人の夫たち。 「早く別れなよ!」 と言いたいところをグッとこらえながらも、友人が傷ついたときには支えになってあげられるような、そんな存在でせめていてあげたいですね。





……
  


 「草食系男子」 ということが騒がれて久しいですが、女性はなんだかんだと積極的な男性が好きな人は多いもの。 でも、待てど暮らせど口説きにこない男性陣にイライラMax! それなら、こっちから!! ということで、 「狙った獲物は逃がさない!」 「草食なんて許さない!」 と肉食化した女性たちにロックオンされた男性たちの “恐怖体験エピソード” を今回はご紹介いたします!
1:グイッグイこられた
そんなに好きでない女性に好意を持たれ、飲み会などのイベントで一緒になるたびに、常に隣にひっついてこられて正直ツラいし怖かった
飲み会のときにひたすら膝をさわりまくってくる女性が。 男グセが悪いと評判らしく、次は自分が狙われたのかと恐怖を感じました
好きでもない子だったけど、誘われたので一回遊びに行ったら、そのあとのお誘い攻勢が半端じゃなく怖いくらいだった。 それからは反省して、あまりホイホイついていかないよう慎重になりました
好きでもない女性から、手作りのミサンガを直接手首に装着されたときは正直引いた
美大に通う女性に好かれたとき、宅急便で油絵を送ってこられたことがあります。 2週間ごとに5枚届いて、さすがに引いてしまいました
 いずれのケースも、よくよく見ると “そんなに好きでもない女性” からのアプローチだから困っている、のが共通項。 狙った彼をオトスには、唐突に迫っては玉砕する可能性大なので、じっくり好感度をあげてからですね。
2:つけまわされた
大学の同級生なのですが、学校の中はもちろん、学外のカフェやショッピングセンターなど自分の行く先々で出くわしたことがあります。 相手は偶然を装っていましたが、ストーカー的な恐怖を感じ怖くなりました
いつの間にか住所を調べられていて、家のすぐ側で待ち伏せされていたときには恐怖を感じました
ネットで知り合った女性に携帯のアドレスを教えたら、1日に何十回もメールがきて怖かった
毎日100通以上のメールと10回以上の電話。 それに、週2~3回の自宅前での待ち伏せ。 彼女でもないのに ……
彼女気どりなのか、女友達に急に行動をチェックされるようになった。 それまで何気なくしていた電話も、着信音が鳴るのが恐怖に変わった
妻も子どももいるのに、しつこく家にまで電話をしてきて 『付き合ってほしい』 と言われたことがある。 本当に迷惑でした
 ストーカー行為は男性からとは限らない! わけです。 好きでも嫌いでもない相手にわざわざ 「拒絶」 の意志を示すのは難しいことですが、 「迷惑している」 「やめてほしい」 という意思表示はハッキリしたほうがお互いのためになりそうです。
3:押し倒されそうに
会って間もない女性に、買ったばかりだという家に案内され 『ここなら一緒に住めるでしょ』 と言い寄られたことがあります。 『上がってお茶でも』 と誘われましたが逃げました
まだ付き合って間もないのに体の関係を迫ってきた女性がいました。 悪い気はしなかったけど、本能的にとても怖かった。 この人と関係をもったらどうなってしまうのか? と焦りました。 結果的に理性が勝ってよかったです
こっちはゆっくり恋愛したいのに、会ってすぐ Hをしたがる女性がいた。 そんなタイプは今までいなかったので怖くなり、ホテルを探すふりをして家まで送り別れました。 が、そのあとも連絡がバンバン。 しつこかったなぁ~
ひとつ下の後輩が自分と付き合っていて、しかも妊娠しているというような話を知人にしていたと知ったときは、さすがに恐怖を感じました。 付き合ってすらいないのに …… と本当に驚きました
付き合ってもいないのに、人の家に差し入れを持ってきて 『疲れちゃったからちょっと休ませて ……』 とそのまま居眠り。 挙句、次の日に 『昨日お泊まりしちゃった~。 後は内緒~』 と故意に誤解を招く話を社内でしてまわった後輩が。 迷惑至極です
彼女がホテルの予約をしてデートに臨んだということを知ったときは、恐怖というより身構えてしまった。 来るときが来たなと、デート中ずっと意識してしまった
 寝技に持ち込んで一気にカタをつけようという女子の意気込みにタジタジの男性諸君。 思わず 「女子か!」 と突っ込みたくなる男性陣の困惑ぶりが笑えますが、ご本人にとっては迷惑体験。 弱肉強食に負けることなく、生き抜いてほしいところです。