( 2015.04.17 )

  


 車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。

 原島麻由裁判官は 「対向車側に過失がないともあるとも認められない」 とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法( 自賠法 )に基づき 「賠償する義務を負う」 と認定。 対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた

 遺族側の弁護士によると、同様の事故で直進対向車の責任を認めたのは全国で初めてという。

 死亡した男性は自身が所有する車の助手席に乗り、他人に運転させていた。 車の任意保険は、家族以外の運転者を補償しない契約だったため、遺族への損害賠償がされない状態だった。 対向車側は一方的に衝突された事故で、責任はないと主張していた

 自賠法は、運転者が自動車の運行によって他人の生命、身体を害したときは、損害賠償するよう定めているが、責任がない場合を 「 注意を怠らなかったこと、第三者の故意、過失、自動車の欠陥があったことを証明したとき 」 と規定。 判決では、対向車側が無過失と証明できなかったことから賠償責任を認めた。

 判決によると事故は2012年4月、あわら市の国道8号で発生。 死亡した男性が所有する車を運転していた大学生が、居眠りで運転操作を誤り、センターラインを越え対向車に衝突した。

 判決では 「 対向車の運転手が、どの時点でセンターラインを越えた車を発見できたか認定できず、過失があったと認められない 」 とした一方、 「 仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない 」 と、過失が全くないとの証明ができないとした。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


( 2015.04.19 )


 道路交通の大前提は 「 信頼の原則 」 である。 例えば信号。 青なら通過。 赤は止まる、という約束のモトに成立している。 そしてそれを守るという信頼があるからこそ、青信号は速度を落とすことなく通過出来る。 さて、赤信号を守らない人がいることを前提に運転しなさい、と言われたらどうか?

 加えて青信号を守っていて信号無視のクルマにブツけられ、ブツけた側が怪我をしたら、責任も取らされるということになったどうか? 道路交通法の基本理念は 『 交通の安全と円滑な流れ 』。 安全と流れは同じく尊重されなければならない。 なのに今回の判決は、円滑な流れを無視したもの。

 信号無視を 「 普通にあり得ること 」 としたなら、信号にさしかかる度、信号を守っていない車両の確認をしなければならぬ。 また、対向車は自分の車線に飛び出してこないことも信頼して運転している。 今回は居眠り運転だったと言われているが、対向車が居眠りしているかどうかの判断も問われる。

 なのに! 福井地裁で信頼の原則を根底から覆す判決が出た。 はみ出してきた対向車と衝突したら、通常なら被害者である。 ところがハミ出してきたクルマの助手席に乗っていた人が死亡したということで、4000万円の賠償責任を自分の車線を遵法走行していた側に課した のだ

 理由は 「車線を守って走っていた側は責任が無いという証明をしなければならない」 という荒唐無稽なもの。 つまり 「飛び出してきた車両をなぜ避けられなかったという証明をしろ」 と言ってるのだった。 ハンドルを握ったら、どんな事故も回避しなければならないということだ。 いわゆる 「 悪魔の証明 」 に他ならない。

 もっと解りやすく書くと、自殺志願者が対向車線にハンドルを切って衝突させたケースも、自分の車線を守り、普通に走っていた人に賠償責任を課すと言うこと。 年齢や技量を問わず運転すること自体に罪がある、ということになる。 これは技術の進歩や時代の流れを完全に逆行したもの。

 最近は航空機事故のように、ドライブレコーダーなどで事故の詳細を分析。 原因を追及したり、過失の有無をしっかり吟味し、事故防止策など講じるという流れになっている中、原島麻由という裁判官がどういった社会的な理念を持っているか不明ながら、全く感情的な判決といわざるを得ない。

 こういった判決が続くと、任意保険の金額を上げないと対応できなくなる。 今回の事故、任意保険の中の 「 人身傷害 」 というタイプを掛けておけば、はみ出したドライバーの保険でカバー出来る。 おそらくそういった保険に入っていなかったため、本来なら被害者となる 「 遵法ドライバー 」 に賠償責任を負わせた可能性が大きい。

 ただそれだと人身傷害は意味をなさなくなる。 今回の事故で言えば加害者が負担しなければならない保険料を、被害者に負担させようと言うものだからだ。 しかももらい事故は誰にだって可能性がある。 年齢や技量( 無事故なら割引 )によって決まっている割引システムの大幅な見直しが必要になるかもしれない。 社会的な経済的負担は増えることになるだろう。



マジで糞みたいな判決だね。 過失があるのは自分の車を大学生に運転させた本人と居眠りした大学生だろ! 保険金が貰えなかったからといって被害者に相当する相手に裁判とかあり得ない。 この時点で守銭奴みえみえ! 大学生にでも損害賠償してもらえよ!
対向車が突っ込んできたら、避けられる先が、崖でも、賠償されないために崖から落ちて死ねって判決か!? あり得ないだろ。
はい、キチガイ判決出ました。 居眠り運転で対向車がセンターライン越えてきたって? 賠償してほしいのはやられたほうでしょ?
無茶苦茶な判決だなぁ。 なんで、欲しくもない事故を貰って、損害賠償?? 全くもって意味がわかりません。 明らかに居眠り運転していた方が悪いでしょうに。 おかしいねぇ……。
福井地裁の裁判官もそうだけど、相手に賠償請求を求める遺族も遺族だと思う。 もし自分たちにも同じ状況が起きたらどうなんだろう? 文句も言わずに4000万払うんだろうか?
恐ろしい判決ですね。 自分の車線を守って走るだけで4000万円の支払い命令ですか?
こういう判決出して、日本の司法は大丈夫なん? …… て不安になる!
自動車運転事故も厳しい判決が下りましたねー。嘘のような判決ですよ。可笑しい判決でしたねー。
なんだこれ? 責任の所在がどこにあるかではなく、どこが金を出せば丸く治まるかしか考えていない結果の判決なのだろうな。 誰かが賠償しなければ亡くなった男性の家族が路頭に迷い、大学生が賠償責任を負うとなれば保険が適用されず一生を台無しにしてしまう。 一方、対向車側が賠償責任を負っても保険があるから大した負担にはならない。 本当にそれだけしか考えていないということでしょう。 それでもやはり納得のいく判決とは言えませんね。
日本の裁判官って勉強のし過ぎで頭がいかれてるから常に減刑、人殺しも死刑にもしない。 それにしても裁判を起こした奴が朝鮮か支那系ならわかるが日本人なら異常な思考だぜ。 左車線を走っていて何で賠償責任があるんだよ!
司法試験に合格する様な頭の持ち主でも、基地外はいるんだなぁ! バカとなんとかは、紙一重なんですね。 お勉強は出来ても、一般常識は欠如している典型的な例。
因縁つけて金をふんだくろうとする卑しい守銭奴と、キチガイ裁判官 …… まともに運転していた運転手さんが気の毒すぎます。
全くもって納得いかない判決。何らかの金が動いとるな。
ルール守って 我守られず!
無過失の証明無いとか推定有罪ですやん。
普通に運転してて突っ込まれたのに死亡事故の加害者とされ、4000万円の損害賠償支払い命令を受ける。 もぉ~車の運転はできないね!
居眠り運転した加害者に4000万賠償しろなら納得だが、居眠り運転した奴には請求したのか、これ。
クラクション鳴らせって …… クラクションで突っ込んで来る車避けるのは100%不可能! 誰かこの裁判官の車に突っ込んで証明しろよ。
当たり屋有利の判例だな!
巻き込まれたお前が悪いから金払えになったのか?
クラクション鳴らせば停まってくれたのかよ ……。
一番あかんのは任意の効かない大学生に運転させた死んだ奴だろ。 こんなの死に損でいいよ!
対向車がいきなり突っ込んできても確実に避けられるか、(クラクションを鳴らすとか)対向車の進路を変えさせることができる運転をしろ、ということか? …… そんなんできるか!この裁判官アホだろ。
これは保険の内容が酷過ぎてどこも金払わないからかわいそうだからどっかに払わせようとしたのか? でもこんな判決で処理しちまうと後が大変なことになっちまうって少しは地裁の判事も考えろよ!
年金の掛け金払わないで、年金貰えないからといって生活保護で面倒見る構図と同じ。更に、年金より生活保護のほうが支給額が大きいなんて正に正直者が馬鹿を見るといったところ。
自賠責の支払上限の4000万ってのがミソだよな。
保険屋に金を出させようって腹なんだろうが、ぶつけられた方はたまったもんじゃねえぞ。
アホか! 下手すりゃこっちが殺されてただろ。
死んだ本人が無責任だっただけなのに、巻き込んだ相手に責任を求めるとかすげぇわ~。
こいつに自動車教習所のあのシュミレーターやらせてぶつかったら司法資格取り上げろよ!
うーん、無過失の証明をせよとなるとドライブレコーダーがほぼ必須になるな。 ドラレコメーカーが色めき立つ判決だな ……。
は? 過失があることを証明しろよ、ないことを証明しろとか恐ろしい!
センターライン越えの無保険車につっこまれて腰骨折した上4000万円払うとか、かなりハードな罰ゲームだな!
突然道塞がれて貰い事故された側ホント可哀想。 裁判官さんの運転は突然でてくる対向車を考えながら常にクラクション鳴らしまくっての迷惑運転してるのか?
避けたきゃ田んぼにダイブしろとでも言うのかこれ!? 田んぼならまだいいが、崖だったらどうすんだ!?
ホント日本の交通法はゴミカス、自転車の過失も問われないし。
この人が払うのではなく、保険会社が払うのだから、おそらく保険会社が控訴するだろう ……。 死者の遺族への救済判決か、保険金が出ないと遺族の生活が困窮するから …… 女のやさしさだな。 猫が子猫を9匹生めば、かわそうだから全部の猫を死なせないように …… これだと鼠算式以上に増え、あっという間に日本中が猫だらけになってしまう!
被害者がこの裁判官を訴えることできる?
当たっちゃるで~~
そのうち「お前が犯罪を犯してない証拠が無い」とかで有罪判決を受けるようになりそうだな。 地裁とかいらないレベルじゃないか、これ!
地裁は頭おかしいって聞いてたけど、ホントなんだな ……。
こいつ、高浜原発差し止め判決だした奴だろ。 頭沸いてる奴を排除する為に、高裁・最高裁で判決が複数回判決がひっくり返されるか、差し戻されたら罷免・罰金の法律作れよ。
法律や規則を守っていても無罪の根拠が無いから有罪にされる司法社会なら誰も初めから法律や規則は守らなくなるんやで。 法治国家破壊判決で司法の自殺としか言えないな!
この当たり屋一家の個人情報を公表すべき。 これ以上被害を広げてはならない。
地裁なんてこんなもんだろ。 御殿場事件のような明らかな冤罪でも女の証言だけで有罪にしちゃうんだから。 それにいいよな裁判官は、人の人生狂わせるむちゃくちゃな判決出してもお咎めなしだもんな。
地裁がイカれた判決出すのは日常茶飯事だからいいんだけど、こんな一般常識のないような奴が裁判官になれる状況が怖い!
地裁の裁判官って頭おかしくないとなれないとか、そういう決まりがあるの?
もしこれが判例になったら、「無保険の場合」でも、同じ判決が出ることになるが ……。
自由心証主義ってのは、証拠力の判断を裁判官の裁量に任せても、裁判官ともあろう者がよもや常識を逸脱したような判断はしないだろうっていう信頼からきてるのであってだな、とにかく被害者を救済させるためって結論ありきで、証拠を全部否定できるようにするために存在しているわけじゃないぞ!
地裁ってこんなんばっかりだが、裁判官の席に小学生でも座らせといたほうがマシなんじゃね?
精神鑑定が必要だな、この裁判官に!
午前7時15分ごろに居眠り運転か …… 夜通し遊んでた大学生に突っ込まれたのかな?
センターライン割った側が10:0で過失って明文法なんですが 「ないともあるとも言えない」 ってなに言ってるかしら?
所詮地裁のトンデモ判決、どうせ控訴するだろうから高裁でカタつくよ。
遺族、裁判官や弁護士を逆に訴えろよ!
この判決くらった人は可哀想だが、これだけ地裁のバカっぷりを晒してくれたことは決してマイナスではないな。
ひっくり返るとは思うけど、こんなゴミ判決を出した裁判長は弾劾されるべき。
ナニコレと思ったら福井地裁 …… ここの司法は死んでるな ……。
自分に関係ないからこんな無責任な判決を出せるのか、免許ないか車運転した事ないから想像力が欠如してるのか、いずれにせよ酷い判決だな。 これで確定したら運転手は言うに及ばず保険とかもやってられんな。
過失項目
加害側車両 運転手:事故の主因である居眠り運転。任意保険の適用要件の確認を怠る。
加害側車両 同乗者( 死亡 ):任意保険の適用外であることを知りながら、運転させる。 また、運転手が居眠りをしたことに気づかず、事故を防ぐ措置を怠った。
被害側車両 運転手:居眠り運転の車が正面衝突する事を「直前に」知りながらクラクションを鳴らす措置を怠った。

正面衝突の直前にクラクションを鳴らす精神的余裕があるとは思えない。
ハンドルを両手で握らないと腰骨骨折を越える被害を受ける可能性が高いとも考えられる。
任意保険の適用外を知りながら、家族でない大学生に運転させた加害車両同乗者が一番悪い。
一番悪いのは運転を任せた人間、次が大学生。 対向車は巻き添えを食らった被害者!
ほんと地裁ってクソだわ。 勉強できるアホって一番たち悪いんだよ。
つまり通り魔にナイフで刺された場合刺された側にも責任があるってことだな! すごいぞ! 日本の司法!
被害者救済とか、裁判官が感情で判決だしちゃいんかよな。 弱い者に力を、みたいな勘違いした裁判官多いよな。
これって裁判官どうのより遺族の奴らが最悪じゃね? 自分たちの身内が迷惑かけた相手に4000万請求するってさ。
反対車線でまるっきり正面衝突じゃん。 こんなもんが通るなら借金抱えた奴らがみんな対向車に特攻しだすぞ!
最高裁だけでなく、上告でひくっり変える判決出した裁判官も地方選挙の時に罷免採決導入すべき。
「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない」
この原島麻由裁判官ってのは車を運転したことないだろ。
京都でドリフトしながら小学生の列に突っ込んでも危険運転傷害にあたらないとか、無免許居眠り運転で小学生の列に突っ込んでも運転技術はあったとか、トンデモ判決を下して何故そこまでして犯罪者を助けたいのか解らないんだよ!
お前がそこに居なければ事故は起こらなかったという。 その人の存在そのものを否定する怖ろしいい判決。
地方裁判所の判決はちょっと常識を疑うな。
何、この判決。 こんな地域には絶対住みたくないし、行きたくない。 控訴支援、この裁判官を罷免しましょう。
福井新聞のサイトが更新されて追加記事でたけどなんだこれは!
《「もらい事故」でも賠償責任負う訳》 無過失証明できなければ責任あり(2015年4月19日午前7時20分)
原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、 自動車同士なら互いに共同不法行為となる。 少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。 一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。 一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。 “常識”を覆す判決といえる。

「10:0の事故の共同不法行為責任」を言うなら【10側の車に乗ってた乗客の間】でだろ。 なに0側の運転手まで共同不法行為問われてんの? じゃあ責任0ってなんだよ!
こんな馬鹿みたいな判決出してお給料もらえるとか … 裁判長ってのはチョロいお仕事なんですねぇ。
この裁判員バカすぎじゃん?! 日本の法律をおかしくするつもりかい?
どうせ高裁で逆転するよ。 目立ちたいだけのアホ裁判官。
明らかに司法の原則に反した違法判決じゃねーか。 要は立証されていない推定での判決だから、法律に基づかない判決に該当する。 最低でも裁判長をクビにする必要があるぞ。
居眠りした側に過失はないの?
いい加減あいまいな部分を明文化しないからいけないんだ。 「運転中予測され得る注意」を全部明文化しよう。 場合によっては運転免許返上する。
「無過失の証明がない」と明言。 疑わしくは被告人の利益に!と言う。 法の鉄則に相反する机上の判決。 司試パスしたとはとても思えない。
ハンドル握ったことがないからこんな判決文出せるんだろぉ~! 法社会学を一から勉強し直すべき。 あまりにも現場を知らなすぎる。 事故現場に一度でも足を運んだのだろうか? 書類送検された警察の状況証拠だけで判断をくだしてはならない!
裁判官のレベルが低く一般常識が無いから、裁判員制度が始まった。
今すぐ、「私は気が狂ってます」と告白して、辞任すべきですね。 殺人犯が犯行の際に、被害者から抵抗を受けて大怪我して、被害者遺族に訴えるって事と同じ事ですよね。 うぅ~ん …… 精神鑑定必要ですね、この裁判官は。
裁判官おもろい判決で目立ちたかったんか?




裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫) 門田 隆将(著)

 極悪非道の強姦殺人魔を無罪とし、悲惨な再犯を招いた支離滅裂の判決。 鑑定の虚偽を見抜けぬ思考停止した裁判官。 元役員の正義の内部告発を罰した裁判官。 陰惨な集団リンチによる殺人事件の、事件自体の存在をも否定した裁判官 …。 各個の事情を顧みぬ判例主義、相場主義、無罪病、欠落した市民感覚、正義感の欠落、倣岸不遜。 緻密な取材で、司法を斬る渾身の告発ノンフィクション。


裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書) 長嶺 超輝(著)

 「 死刑はやむを得ないが、私としては、君には出来るだけ長く生きてもらいたい 」 ( 死刑判決言い渡しの後で )。 裁判官は無味乾燥な判決文を読み上げるだけ、と思っていたら大間違い。 ダジャレあり、ツッコミあり、説教あり。 スピーディーに一件でも多く判決を出すことが評価される世界で、六法全書を脇におき、出世も顧みず語り始める裁判官がいる。 本書は法廷での個性あふれる肉声を集めた本邦初の語録集。 これを読めば裁判員になるのも待ち遠しい。


狂った裁判官(幻冬舎新書) 井上 薫(著)

 法廷が開かれる前に、有罪の判決文をあらかじめ作成している裁判官。 内心 「 無罪 」 ではないかと思える被告人に対して、自らの保身のために 「 有罪 」 を言い渡す裁判官。 判決起案という煩雑な仕事を避けるために、脅してでも当事者に和解を強要する裁判官 ──。 日本の司法システムがこうした 「 狂った 」 裁判官を生み続けてきたのはなぜか? 司法改革を主張し、退官を余儀なくされた元裁判官が、 「 99%有罪 」 のからくりを解き明かす衝撃の一冊。


踏みにじられた未来 御殿場事件、
親と子の10年闘争 長野 智子(著)


 信じられない有罪判決を導いた奇怪な捜査、裁判の実態はもはや他人事ではない ――。 10年の歳月とジャーナリスト生命を懸けて、人気女性キャスターが描く衝撃のノンフィクション。
 刑事事件は最後の公平な判断がデキるはずの裁判所の信頼にかかっているが、この事件では、全くの恣意的な判断で10年もの長きに渡り3人の冤罪で苦しんだ事実をどう捉えればよいか絶望する。
 1週間も犯行日が、ズレたら事件として成り立たないのは国民的常識として当たり前である。
 それでも起訴した以上、何が何でもメンツの為か事件として、継続して審理する裁判所の思考パターンは理解できない。
 99.98%の有罪率は、人間である以上あり得ない。 この99.98%の有罪率は、誰の為に有るのか?
 この国は北朝鮮以上の社会主義国である事実に、絶望しか感じない。
 裁判所が覚醒し、本当に真実を見られる日が来るのか?
 ミスをしても責任を問われないことの恐ろしさが今更ながら感じる。
 いつ誰でも冤罪の可能性があるという事と裁判所は殆ど頼りにならない事実が目の前に厳然とあることの怖さがある。





( 2015.05.11 )


  


 「 覚せい剤を返却します 」。 この少し変わった張り紙に、波紋が広がっている。
  社会正義の番人である検察が出した、 「 覚せい剤や大麻を元の所有者に返却します 」 という知らせ。 名乗り出る人はいるのか。
 福井地検で11日、社会正義を守るべき検察が掲示板に貼り出した、押収物を返却する知らせ。
 そこに書かれていたのは、 「 覚せい剤1袋 」、 「 注射器119本 」、さらには 「 乾燥大麻3袋 」。
 パイプやアルミホイルなど、大麻の使用に関係するようなものも、持ち主に返すという。
 街の人は 「 取りに来る人いないんじゃないの 」 との声が聞かれた。
 一体、なぜ、このような違法なものを返却するのか。
 押収された証拠品が、誰のものかわからない場合、刑事訴訟法499条に基づいて、持ち主に返すように公告することが定められている。
 しかし、今回所有者が名乗り出た場合、覚せい剤取締法違反や、大麻取締法違反の疑いで逮捕される可能性があるという。
 福井地方検察庁は、 「 個別の事件の内容については答えられないが、法律にのっとって返還するという、適切な処理をしている 」 とコメントしている。