後輩は先輩の前で自慢話はしないもの。 以前は、そんな暗黙のルールがあったものです。 後輩の方が優れていることでも 「先輩すごいですね」 と持ち上げ、その後に 「お前もやるじゃないか」 と後輩も称えられるのがお約束。 そうした会話が会社の上下関係、ヒエラルキーのなかで繰り返され、職場は円滑に動いていました。

 ところがイマドキの若者は、その暗黙のルールを無視して、謙遜することなく、堂々と自慢話をしてきます。 そんな自慢話に対して、先輩社員は大いに戸惑っており、なかには 「生意気だ」 と攻撃を仕掛ける輩までいるようです。

 このような 「謙遜」 に対する若者と上の世代の間にあるギャップは、どのように埋めたらいいのでしょうか。


会話の目的意識の高さが全く異なる
 「日常用」 と 「仕事用」 のコミュニケーション作法


 コミュニケーションの作法を、大まかに 「日常用」 と 「仕事用」 の2つに分類したとしましょう。 違いは何かと言えば、会話する際の目的意識の高さです。

 そもそも日常のコミュニケーションは、気晴らしや時間つぶしまで、目的意識がゆるいままに行われがち。 例えば、

「R君、起きてた? ねえ、ちょっと聞いてくれない!」

 と、相手に対して気兼ねなく、時間さえ気にせずに会話することもあるでしょう。 愚痴、悩み相談、単なる気まぐれまで、日常の会話は勝手気ままなものなのです。

 ところが、仕事用になると勝手な会話は許されません。 上司だろうが同僚だろうが、業務時間内に話しかけるには目的意識が必要です。 職場で用事もないので長々と会話していたら、上司に叱られるのがオチ。 打ち合わせや情報の共有など、仕事上で必要なテーマがあるからお互いに会話をするのです。

 それが部下から上司に対してなら、 「報告・連絡・相談」 が代表的なパターンでしょう。 一方で、上司から部下へは、 「ビジネスマナーがなっていない!」 や 「お客様との待ち合わせには遅れるな。 約束を忘れるな」 など、教育的指導の意味を込めた会話が半数を占めるかもしれません。


言葉足らずな先輩や上司の意図を汲みとれない
イマドキ若手社員が増加中!?


 このように、職場ではヒエラルキー( 上下関係 )を前提にしたコミュニケーションがたくさん交わされています。

 では、あなたの周りに、 「例の件よろしく」 とか 「あれはどうなっているの?」 と言葉足らずな話し方をする先輩社員や上司はいないでしょうか。

 先輩の特権とばかりに無茶な言い回しをする人たちは少なくありませんが、それでも会話はわりとスムーズにいくもの。 それは、後輩が 「これは仕事上の会話」 と理解しているからです。 なので、先輩や上司が話したことが少々意味不明でも 「先輩は何が言いたのだろうか?」 と推測して対処し、その後の会話が成立しています。

 例えば、先輩が 「お前大丈夫か?」 と言葉足らずの質問をしたとしましょう。 もし先輩とのコミュニケーションをわきまえている後輩であれば、 「提案書の準備の件ですか?順調にすすんでいます。 ご安心ください」 と、気を利かせることができるのでスムーズな会話が成立します。

「大丈夫って、何のことですか?意味わかりませんよ。 もっと正確に話してください」

 と、後輩が先輩の意図を汲み取れずに突っ込み、お互いが激突してしまう事態など、以前であれば稀なことだったのです。

 ただ、最近ではこうした気の利いた対処ができる若者が少なくなっているといいます。 ですから、先輩社員たちには、彼らに気を配った的確な話しぶりが求められています。

「○○の件だけど。 部長は来週までの仕上げて欲しいと言っていたよね。 分量的に多いんじゃないかと心配しているけど、大丈夫かな? きつければ手伝うから、いつでも言ってくれ」 といったように、後輩が趣旨を完璧に理解できるような言い回しを心がけたいものです。

 ただ、事務的な連絡はメールで十分ですから、職場で上司や同僚とリアルな会話する機会は10年前に比べればグンと減っているのも事実です。 そのため、業務連絡をメール上ですべて処理するだけの会話不在な状況で仕事しているイマドキの社員は少なくありません。

 コールセンターで苦情データの整理をしているWさん( 26歳 )は、時差出勤が基本の職場のため、朝夕の挨拶もしません。 日によっては、一言もリアルな会話をしないまま退社することもあるそう。

「さすがに人と話したくなってしまうときは、帰りにバーに立ち寄り、マスターと世間話をして気分転換しています」

 ちなみに会話不在の職場環境におかれると、 「孤立を極める」 タイプと 「人恋しくなる」 タイプがいるようです。


先輩の前でゴルフ自慢を延々10分以上!
謙遜しない後輩は“常識はずれ”!?


 さて、こうして職場で会話する機会が減少したからでしょうか。 若手社員が口を開いて先輩社員に話しかけたとき、相手が思わずムッとしてしまう“常識はずれ”な振る舞いをすることが増えているようです。

「会社なのだから、友達と話すような態度は改めてくれないか」

 先輩から手厳しい注意を受けたのは、入社1年目のDさん( 22歳 )。 敬語が苦手で、おまけに職場で 「先輩ダメだな、何回言わせるのですか」 といった目上の人なら思わず 「ムッ」 とするような発言を頻繁にするため、周囲からよく注意を受けていました。 こんな後輩、あなたの職場にもいないでしょうか。

 さらに、イマドキの若手社員にとって敬語以上に難しいリアルな会話があります。 それが 「謙遜」 です。

 後輩が5つ年上の先輩と昼休みにランチをしていたとしましょう。 職場の仕事用の会話をしなければならない状況ながら、休憩時間なので、お互いにリラックスしたい状況ではあります。

 ここで先輩のGさん( 29歳 )が話題を持ち出しました。 テーマは週末の趣味。 Gさんは学生時代に体育会の野球部に所属していた経歴があり、それを後輩のDさん( 24歳 )は知っています。 さらに、仕事が忙しいにもかかわらず、日焼けしたボディーは現在もしっかりと鍛えられていることが明らかです。 野球は学生時代で卒業したそうなので、今は別の運動をしているのでしょう。 そんなGさんが質問をしてきました。

「そういえばD君はゴルフ始めたんだよね。 最近はやってる? スコアはどれくらいなのかな?」

 するとDさんは 「おいしい質問、ありがとうございます」 と言わんばかり、自慢げにゴルフ自慢を始めました。 ただ、その回答は先輩のGさんからすれば少々意外な反応だったようです。

「そうなんです。 ゴルフが大好きで、腕には少々自信があります。 この間のラウンドでついに80台を出しましたよ。 親父の持っているコースに毎週通った甲斐がありました。 半年間くらい集中的にレッスンプロに習えば、ゴルフは誰でも人並みに上達するスポーツなのですね」

 後輩であるDさんの自慢話は10分以上も続きました。

 ちなみにGさんは1年前からゴルフを始めました。 ただ、スコアは平均で90台中盤。 もちろんマイコースもありません。 Dさんの長い自慢話のあとに自分のゴルフの話をしても冴えない状況に陥るのは明らか。 後輩より悪いスコアですから、腕自慢する気にもなれません。

 とうとう最後まで、Gさんの口から 「そうか、すごいね。 頑張って」 という言葉は出ませんでした。

 そうして場の雰囲気が少々気まずい感じになったところでランチタイムは終了。 職場に戻って2人は仕事につきました。


自慢話をする後輩は“生意気”?
謙虚さのない若者は追い詰められる職場


 ただ、2人の気まずい雰囲気はその場だけで終わりません。 その後、悩ましい状態が発生します。 GさんはDさんと2人で食事することを徹底して避けて、

「あいつと食事すると気分が悪くなる」

 と、周囲に吹聴までするようになってしまったのです。

 さらに、社内で行われるゴルフイベントにDさんを誘わないように事務局に頼むほど。 その理由を事務局が訊ねると 「あいつは自分の自慢話ばかりして周囲を嫌な気分にするから」 と断言。 この 「Dさんは自慢話しかしない」 との噂が間接的に本人へ伝わり、彼は大いにショックを受けて会社を休むようになってしまいました。

 先輩と後輩の些細な会話が、お互いを深く傷つけ、職場に多大な被害をもたらしました。 この2人の上司に聞いてみると、先輩の前で長々と自慢話をする若手社員は、Dさん以外にも増加しているようです。 そして、その自慢話を生意気だと感じ、後輩に冷たくなるトラブルがあちこちで起きていました。

「昔なら後輩は先輩の前で堂々と自慢話などしなかった。 『 私なんて … 』 と謙虚な姿勢を示して先輩を持ち上げてくれたもの。 それができるイマドキの若手社員はいなくなってしまったようだね」

 上司は、こんなさみしそうなコメントを残してくれました。

 では、 「謙遜」 や謙虚な姿勢をめぐる若手社員と先輩社員のギャップは、どのように解消したらいいのでしょうか?


先輩は後輩を称え、後輩は自分の成功に満足しない
お互いに称えあえる職場環境が必要


 そもそも後輩社員に悪気はありません。 先輩から振られた 「君はどうなの?」 という質問に対して、素直に回答しているだけに過ぎません。

 広告代理店に勤務しているSさん( 22歳 )は、こう話してくれました。

「なんで自分が出来ることを謙遜して、 『 自分はまだまだです … 』 なんて発言しなければいけないか、意味がわかりません。 私は自分のスタンスを絶対に変えません」

 実際にSさんは、自分がプランした企画がクライアントで高評価を得ました。 それに対して先輩達が 「なかなか大したものだ」 とコメントしたところ、それに対してSさんは、

「今回のプレゼン資料は1ヵ月かけて工夫を重ねました。 特にこだわったのは、キャッチコピーの切り口ですかね。 業界を知るための情報収集も怠りませんでした。 具体的には …」

 と、自慢話を長々と続けました。 すると1人の先輩社員が、

「そんな自慢話をするなんて10年早い。 謙虚な姿勢だけ示していればいいのだ!」

 と、やや怒り気味な発言をしました。 やはりSさんにはキツイ言葉だったようで、しょんぼりとしてしまいました。

 ただ、ここで救いの神が登場します。 隣の部署のM課長がこのやりとりを近くでみていて、 「これはまずい」 と割り込んできたのです。

「いいか、後輩にそんな言い方してはいかん。 まずは素直に成果を称えてあげなさい。 ただし、S君にも言いたいことがある。 君はまだ入社1年目。 これからたくさんの仕事を覚えて大きく成長してもらいたい。 だから、このレベルの仕事ぶりで満足して、自慢話をしていてはいけない。 もっと高いレベルを目指す志があれば、発言は謙虚にならざるを得ないはずだぞ」

 M課長の発言で2人とも救われました。 まず、先輩社員は、後輩だから謙遜して先輩を立てるべきと決めつけるのは、古い習慣だと自覚しなければなりません。 そして、 「すごいじゃん」 と後輩を褒めて、称えるくらいの度量の深さを示したいものです。

 一方、先輩のためではなく、自分のために謙遜にできる度量を持つ大切さを伝えたことで、イマドキ社員もこれからはむやみな自慢話は慎むことでしょう。

 いずれにしても、お互いが称え合える状態にもっていく意識が大事なのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~